遅くなっちゃいましたが、「浦和吹奏楽団第18回定期演奏会」参加してきました~。

 6月10日。今回初めて吹奏楽団の演奏と共に宇宙飛行士を演じるという面白い経験をさせていただきました。聞くところによると、演奏に合わせてセリフやナレーションが入る曲目はいくつかあるそうで、また機会があればお手伝いさせていただきたいなと思ってます。

 さてその「LOST MOON」という楽曲はアポロ13の打ち上げ、事故、地球期間を描いた曲でして、僕はその中でアポロ13号の乗組員を演じさせていただきました。5月中に一度リハーサルに参加させていただいて、あとや頂いた音楽資料でイメージしながら本番に備えていました。
 もう一人、ナレーションと管制官を演じてくださる女性がいらっしゃいましたが、僕たちがミスをすればせっかくの吹奏楽団の皆さんの演奏が台無しになってしまいます。絶対にミスをしない、なおかつ一番良いものをお届けするつもりで演じさせていただきました。

 僕らのセリフ部分はともかく、楽曲は凄かったですよ~。音楽だけで、ロケット打ち上げまでの希望や緊張、事故が発生してから地球に帰還するまでの危機感と達成感が描かれていて、聞いているだけで頭の中に映像が浮かんでくるくらいでした。

 今回の出演の機会をくれたのは楽団に参加している古くからの友人だったのですが、参加させていただいたことで、色々な方と出会うことができて、友人には本当に感謝です。

 次の定期演奏会は来年の六月だそうです。また参加させていただけたときはお知らせしますので、ぜひ聞きにいらっしゃってくださ~い!

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

COMMENTS

こんにちは!

泰さん、こんにちは!

演奏とナレーションを融合させたものだったのですね!記事を読んでいると、1995年に上映され観に行った「アポロ13」の映像が浮かんで来る様でした・・。
また、楽団のブログも併せて拝見させて頂いたのですが、そこからも、現場の当日の思いなどが綴られていて様々に感じましたね・・。
次の機会に行けたら良いなぁ、と思って居ります!では・・

ありがとう

感謝だなんて、こちらこそありがとうだよ
久しぶりに会えて嬉しかったよ・
また来年もよろしくね

COMMENT FORM