スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本最初のプラモデル 未知の開発に挑んだ男たち」

 先輩の薦めの
日本最初のプラモデル 未知の開発に挑んだ男たち (アスキー新書 90)日本最初のプラモデル 未知の開発に挑んだ男たち (アスキー新書 90)
(2008/12/10)
竹縄 昌

商品詳細を見る
 文字通り「日本最初のプラモデル」の誕生秘話について書かれているのですがそれだけではなく、それを取り巻く時代の様子、そのプラモデルを開発し、売り歩き、ムーブメントを起こした人々の人柄、読んでいて思わず笑みがこぼれてしまうようなお話、「へぇ~! そうだったんだ!」と思わず声に出してしまうような内容に溢れていました。
「日本最初のプラモデル」は、原子力潜水艦のノーチラス号だったんですね。そういえば数年前の「国産プラモデル誕生50周年記念」の時には再販されていました。
 50年前のプラモデルの金型が残っていたことも奇跡ですけど、それを開発されてきた方々のお話が読めることも、とても素晴らしいことだと思います。

 なんというか凄くエネルギッシュで、興味深いと思うと同時に身の引き締まる思いもする内容。もしかしたら、プラモデルを引退していたお父さん世代には懐かしさを感じる部分もあるもしれません。
 プラモデルを作っている人、以前プラモデルを作っていた人には是非一度読んでみていただきたい一冊です。

 ずっと物置にしまい込んでいたプラモデルを、きっと作りたくなりますよ。


 
日本最初のプラモデル 原子力潜水艦 ノーチラス号日本最初のプラモデル 原子力潜水艦 ノーチラス号
()
童友社

商品詳細を見る

テーマ : プラモ・模型 - ジャンル : サブカル

COMMENTS

No title

私はこの本を読むことが期待で
ギャラリーのほうも楽しみにしてます(´ω`) v-206

No title

おお、こんな本が出ていたのですか!

私はまだまだ未熟者なので、この本を読んでさらにプラモ愛を深めたいと思います^^
これをきっかけに、私のお父さんにも復活してもらえたらいいなと思います!女子ってつらいです…。

素敵な本の紹介ありがとうございました!ギャラリーのほうも楽しみにしてます(´ω`)

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。