スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCゲーム「新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI」Preview版レビュ~

 PROJECT YNP(http://www.project-ynp.com/product/cf/)さんが鋭意開発中のゲーム「新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI」のPreview版をプレイさせていただきました~。

 こりゃいいですよ~。

 Preview版で乗り込めるマシンはνアスラーダAKF-0。走行できるコースはニセコとバルセロナサーキット。まずビジュアルですが、コンシューマ版の「サイバーフォーミュラ」のどのゲームよりも美麗なグラフィックで感動的です。(もちろんコンシューマのゲーム機本体との性能差があるので一概には比較できませんけどね。)BGMもサイバーフォーミュラのLDなりDVDなりを見まくっているファンなら思わず熱くなる楽曲のアレンジ版が用意されています。一曲は「Identity Crisis」のアレンジ版。次回予告で使われたあのバージョンのゲーム仕様って感じです。

 マシンのCGも素晴らしいしモード変形の再現、ブーストの使用時間制限のタイミングは絶妙です。アニメの設定での時間制限では実際長すぎるんですよね。このあたりのアレンジは、ここまでシリーズを重ねてきただけあって違和感がまったくありません。
 マシンが見たくてついついマシン後方視点からプレイしてしまいますがコクピット視点も臨場感、緊張感、爽快感が織り交ざる本格派。僕のプレイ環境が原因かもしれませんがちょっぴりステアリングのデジタル感を感じたので、ここはステアリングのアナログ感が出てくるといいなと思いました。前作のドライブ感がややすべり気味と感じたので、個人的には前作との間くらいの感覚が希望。多分ステアリング型のコントローラでプレイする分には問題ないんだろうと思われます。

 レースゲームは往々にして初回のプレイでは頻繁にコースアウトしてしまいます。このゲームはプレイすればするほどコースアウトや壁との接触を減らすこともでき、練習のし甲斐があります。

 前作でも多数もマシンが使用可能だったのでおそらく製品版でも同様になるだろうと思いますが、果たしてどのマシンが出てくるのか、非常に楽しみです。コースやBGMにも期待ですね。

「SIN」だから無いだろうと思いますが第十回大会の最終戦、ニセコ~富士岡のコースなんかも再現されたら面白いですけど、いかがでしょうか? ファイヤーボールとか(いや、僕エレナが好きなんですよ)

 今年20周年を迎えた「サイバーフォーミュラ」のゲーム最新作。発売は2012年を予定していらっしゃるそうなので、今の内に必要なスペックのPCをお持ちで無い方は環境を整えて首を長くして待ちましょう。

 以上、「新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI」Preview版のレビューでした!!
 みんなも買おうね!!

テーマ : ゲーム - ジャンル : サブカル

COMMENTS

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。