我が青春の、初ギャルゲー

 なんだか明日のオーディションに向けて気が高ぶって眠れないので、ちょっくら昔のことを思い出してみました。


 人生で初めてプレイした美少女ゲーム。それは…
PCエンジン版「ときめきメモリアル」

 当時、高校生だったのかな? 何で情報を得ていたのか忘れたけど、発売日に「カメラのドイ」渋谷店で購入した事をはっきり記憶しています。
 随分プレイしました。同時期にプレイしていた「かまいたちの夜」で真犯人の名前を「美樹本」と入力しなければならないところを、うっかり「美樹原」と入力してしまうほどに。しかしこの美樹原さん。その個性的なヘアスタイルから「ヘルメット」と呼ばれてしまって、二次元のキャラながら可愛そうに思ったもんです。
 しばらくすると、文化放送で「ときめきメモリアル」のラジオ番組がスタート。その前番組の「ツインビーパラダイス」も聞いていたので、当然ながらそのラジオも聞いていたし、ドラマCDやボーカルアルバムもどしどし買ってました。挙句の果てには、プライズ景品のマグカップなどのグッズにまで手を出し、そのハマりっぷりったら止まることを知りませんでした。
 いまだに実家のどこかに「メモリアルブック」的な本、海洋堂から発売されてたピンバッジが眠っています・・・。
 一周目は、スポーティで男勝りな「清川望」でクリア。二周目には「虹野沙希」でクリアしたところまで覚えています。そのくらいハマってました。
 リアルに高校生だったということもあり、「卒業するまでに、こんな出会いがあればいいのにな~」と妄想したりしもしました。今思えば、ちょっと遅めの中ニ病ですな。ま、何事も無く平穏に高校を卒業しましたけど。

 時代が次世代機へと流れていき、当然のごとく同ゲームは「プレイステーション」「セガサターン」へと移植。面白いことに、スーパーファミコンにまで移植され、まさにあらゆるゲーム機で発売されるという破竹の勢い!! ちなみに「プレステ」「サターン」版には初回限定版が用意され、前者には電子オルゴール内蔵の化粧箱、後者にはオリジナルカラーのパワーメモリとバインダーが同梱。ええ、両方買っておりましたとも。
 さらに移植だけではなく、同作品のキャラクターをピックアップしたゲームや、パズルゲームが登場。パート2が発売された年にはOVAまで製作されていました。
 いつしか、同世代だった登場人物達は年下になり、感情移入の度合いも薄れていって、マイブームは収まっていくわけです。
 その後一度だけ関連作品のオーディションを受けたこともありましたが、残念ながら結果を出すことは出来ませんでした・・・。


 「ときめきメモリアル」以外にもサターン版「初恋物語」他、「恋愛シミュレーションゲーム」は数本プレイしましたけど、やっぱり「ときめきメモリアル」のインパクトは凄かったな~…。
 あ~~、なんだか物凄く懐かしいし。


 いまだに新作も製作され続け、携帯アプリにまで登場していたりと、本当に息の長いタイトルになりましたよね~。ユーザーさんによっては、生まれる前から存在していたゲームだったりするんですもんね。

 最近のタイトルしかプレイしたことない人は、機会があったら「PCエンジン版」もプレイしてみてください。きっとゲーム業界の進化を感じることが出来ますよ。

 う~~ん。ロボット以外でこんなに語ったのは初めてじゃないかい??

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

COMMENTS

No title

しかし、スロットのときメモは悲惨なつくりだった
アレ、ほかの女との約束を断り続けると藤崎詩織は振り向きもしねぇんだな
硬派なわいにはこのゲームは合わなかった

COMMENT FORM