「アウトサイダー・プラモデル・アート 青島文化教材社の異常な想像力」発売!!

 昨年の9月に知人よりご紹介いただき、ある意味モデラーとしてのデビューを飾ることになった本が、いよいよ2015年1月23日に発売となります!!
「アウトサイダー・プラモデル・アート 青島文化教材社の異常な想像力」
 どんな本なのかといいますと、今では「艦隊これくしょん」の戦艦プラモデルなどで有名な青島文化教材社さんが、30年以上前に発売していた「合体シリーズ」というプラモデルを使ったジオラマ写真や貴重な資料などをまとめた一冊。
 ただし、この本に載っているプラモデルはガンプラのように当たり前のように手に入るものではありません。当時定価100円だったものが、物によっては5千円くらいで取引されているほどの貴重なもの! その貴重なプラモデルを惜しげもなく組み立てるのが僕の仕事でした。
 与えられた期間は当初およそ2週間。
「合体シリーズ」は4箱で一つのマシンが完成するシリーズで、最初は2セット都合8個の製作ということでお話を頂きました。ただ、時間が余ったりした時のために一応、合体シリーズ8セット都合32個を預かることに。

 プラスチックというものは年数が経てはそれなりに劣化するもので、今回は全てのプラスチックに剛性がなく、ちょっとしたテンションで割れてしまうというような状況になっていました。一言でいうと「硬い」んです。なので削ったりするのもなかなかの重労働。それに昔のプラモの精度は今に比べて相当低く、正しく組み合わせたとしてもぴったりくっつかなかったりするんです。
 しかし、それらを克服するのがなんかもう楽しくなっちゃって、気が付いたら預かっていたプラモデル32個すべてを組み上げて納品していました!
 当時価格だとわずか3200円分のプラモデル。ですが現在のレア度をかんがみて計算すると数万円分のプラモデル。コレクターが見たら卒倒してしまうかもしれません。

 僕が担当したのは「カウンタック」「ブーメラン」「ニューアトランジャー」などに合体する8セット。

 過去にも「超絶プラモ道(はぬまあん著)」といったレトロなプラモデルを取り扱った本は複数刊行されていますが、ご覧の通り現在ではプレミア価格。 
 久々のレトロプラモ、しかも塗装済完成品が見られる本となります。
 プラモデルファンのみならず、スーパーロボットやスーパーカー好きの方々も、ぜひ一度ご覧ください。



テーマ : プラモ・模型 - ジャンル : サブカル

Tag : 青島文化教材社 アトランジャー プラモデル