スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、皆に会える!! ライブでね。

 またお知らせになっちゃうけど、今回は久々の主催ライブで~す。

タイトル「MIXPLOSION2010-皐月晴-」
日時/2010年 5月15日(土)
会場/ライブゲート東京@恵比寿
開場時間/17:00 開演時間/18:00
チケット/前売・予約2500円 当日3000円(それぞれ+1ドリンク500円)
チケット販売開始日/4月24日
チケット取扱い/イープラス(詳細は後日ご案内)
          V.S UNIONチケットサーブ
          各出演者予約
入場順/イープラスチケット通し番号順→V.S UNIONチケットサーブ含む、その他の予約。ご来場順→当日券
出演/V.S UNION(泰勇気笠原あきら大高ひろみ星奈美紀鈴木コウタロバート・ウォーターマン)
    ハピ☆ラバ(又吉愛門田幸子)
    水原薫
    城所葵※OPアクト
     andmore...

 久々の共演となる「ハピ☆ラバ」さん。先日も大阪などでライブに出演なさっていたり、幅広くご活躍なさっております。相変わらず可愛らしいお召し物での登場でしょうか!?
 水原薫さんは、今回初めてライブにご出演いただきました。ツボを押さえたマニアックさがファンのハートをくすぐります。
 城所葵さんは、2月のV.S UNION女子メンバー主催ライブにもご出演いただいた、期待の新星アイドル漫画家!! PVも素晴らしいので、是非チェックを!!

 といった、今回も多種多様なアーティストの方々にお越しいただきました。あと一組、出演予定なのですが現在スケジュール調整していただいている段階なので決定次第、情報をお届けします。
 しっとり聞いたり、がっちりはしゃいだり、楽しみ方は色々!! 是非お試しください。
 
※「MIXPLOSION(ミクスプロージョン)」とは「MIX」と「EXPLOSION」を組み合わせた造語で、色んなアーティストさんにを混ぜこぜ「MIX」に出演してもらって、爆発的「EXPLOISON」に楽しいライブにしたいという思いで名づけました。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

我が青春の、初ギャルゲー

 なんだか明日のオーディションに向けて気が高ぶって眠れないので、ちょっくら昔のことを思い出してみました。


 人生で初めてプレイした美少女ゲーム。それは…
PCエンジン版「ときめきメモリアル」

 当時、高校生だったのかな? 何で情報を得ていたのか忘れたけど、発売日に「カメラのドイ」渋谷店で購入した事をはっきり記憶しています。
 随分プレイしました。同時期にプレイしていた「かまいたちの夜」で真犯人の名前を「美樹本」と入力しなければならないところを、うっかり「美樹原」と入力してしまうほどに。しかしこの美樹原さん。その個性的なヘアスタイルから「ヘルメット」と呼ばれてしまって、二次元のキャラながら可愛そうに思ったもんです。
 しばらくすると、文化放送で「ときめきメモリアル」のラジオ番組がスタート。その前番組の「ツインビーパラダイス」も聞いていたので、当然ながらそのラジオも聞いていたし、ドラマCDやボーカルアルバムもどしどし買ってました。挙句の果てには、プライズ景品のマグカップなどのグッズにまで手を出し、そのハマりっぷりったら止まることを知りませんでした。
 いまだに実家のどこかに「メモリアルブック」的な本、海洋堂から発売されてたピンバッジが眠っています・・・。
 一周目は、スポーティで男勝りな「清川望」でクリア。二周目には「虹野沙希」でクリアしたところまで覚えています。そのくらいハマってました。
 リアルに高校生だったということもあり、「卒業するまでに、こんな出会いがあればいいのにな~」と妄想したりしもしました。今思えば、ちょっと遅めの中ニ病ですな。ま、何事も無く平穏に高校を卒業しましたけど。

 時代が次世代機へと流れていき、当然のごとく同ゲームは「プレイステーション」「セガサターン」へと移植。面白いことに、スーパーファミコンにまで移植され、まさにあらゆるゲーム機で発売されるという破竹の勢い!! ちなみに「プレステ」「サターン」版には初回限定版が用意され、前者には電子オルゴール内蔵の化粧箱、後者にはオリジナルカラーのパワーメモリとバインダーが同梱。ええ、両方買っておりましたとも。
 さらに移植だけではなく、同作品のキャラクターをピックアップしたゲームや、パズルゲームが登場。パート2が発売された年にはOVAまで製作されていました。
 いつしか、同世代だった登場人物達は年下になり、感情移入の度合いも薄れていって、マイブームは収まっていくわけです。
 その後一度だけ関連作品のオーディションを受けたこともありましたが、残念ながら結果を出すことは出来ませんでした・・・。


 「ときめきメモリアル」以外にもサターン版「初恋物語」他、「恋愛シミュレーションゲーム」は数本プレイしましたけど、やっぱり「ときめきメモリアル」のインパクトは凄かったな~…。
 あ~~、なんだか物凄く懐かしいし。


 いまだに新作も製作され続け、携帯アプリにまで登場していたりと、本当に息の長いタイトルになりましたよね~。ユーザーさんによっては、生まれる前から存在していたゲームだったりするんですもんね。

 最近のタイトルしかプレイしたことない人は、機会があったら「PCエンジン版」もプレイしてみてください。きっとゲーム業界の進化を感じることが出来ますよ。

 う~~ん。ロボット以外でこんなに語ったのは初めてじゃないかい??

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。